IMG_0164_edited.jpg
​みなとまちプロジェクトとは?

みなとまちプロジェクトは、「みなとまち」にフォーカスし、街づくりについて考えるプロジェクトです。国内外のみなとまちに赴き、魅力的な街づくりについて学びながら、実践的なブランディング活動を提供しています。本プロジェクトは2011年より静岡・清水での活動を行なっています。地元企業の方、行政の方、農家の方、複数大学の先生や学生といった多くの人との繋がりを大事にして、客観的な視点から見ることによってわかった清水港の「ブランディングエッセンス」の強化・発信を目指し、私たちが出来ることを考え活動しています。

清水港のブランディング・エッセンス

Shizuoka ​Teaism

Shizuoka Teaismは、静岡ならではの「お茶を介した人のつながり」の探求・創出を目標に活動しています。私達がフィールドにしている清水港は、かつてお茶の輸出量日本一を誇り、お茶どころ静岡ならではの茶文化が根付いています。私達は、その歴史や文化を「Teaism」をキーワードにブランディングする方法を考え、実行していきます。

IMG_0163.JPG

清水​次郎長

清水次郎長チームは、清水ゆかりの人物である清水次郎長にスポットを当てた活動を行っています。時代劇に登場する侠客として有名な清水次郎長ですが、壮年期は実業家として清水港の礎を築き上げた人物でもあります。私たちは、清水次郎長を清水の観光資源として認識してもらえるように、地域に根ざした様々な活動を行っています。

40190.jpg

​チャバコシカケ

チャバコシカケは、人々が静岡山間部と港湾部および海外のつながりや静岡市の多様な魅力的側面を体感できるベンチを目指して発足しました。人と人との交流を創出するベンチに茶箱のモチーフを加えることで、明治開国期の茶箱が陳列された港の景観を再現し、茶箱を用いた人と人との交流の促進を目指しています。

​ページトップへ

みなとまちプロジェクト  

​The Port City Project

  • Twitter
  • Instagram

これまでにおける連携・協力・関係者:横浜国立大学、常葉大学、東京大学、九州大学、茨城大学、静岡理工科大学、静岡市経済局海洋文化都市推進本部、静岡県清水港管理局、ぬくもり園、次郎長と港を活かした清水活性化協議会、次郎長通り商店街、株式会社 鈴与、株式会社 ボクラノマチ、株式会社 Otono、ヤマハ発動機株式会社、静岡県立大学 岸昭雄研究室、横浜国立大学 モビリティデザインの実践PJ​​

© 2021 みなとまちプロジェクト